FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・ボルボ・240GLEワゴン・施工前/施工後【リボルト東京WEST】

【リボルト東京WEST】店長の瀬古です。

先日施工させて頂いたボルボ240GLEワゴンのお写真で、施工前と施工後のお車の変化を見て頂きたいと思います。
平成5年初年度登録のお車ですので、状態の変化が解りやすいと思いますし、又経年車でもこの位良くなるという
目安になればと思います。

ボンネット施工前
ダウンライトの形がよく解りません。
DSC_0007 ボルボ 施工前

ボンネット施工後
ダウンライトがはっきり映り込んでいます。
DSC_0022 ボルボ 施工後


ボンネット施工前
白っぽく、くすんで艶はありません。
DSC_0008 ボルボ 施工前

ボンネット施工後
塗装の艶が戻っています。
DSC_0023 ボルボ施工後


リアフェンダー施工前
映り込んでいるものが良く解りません。
DSC_0010 ボルボ 施工前

リアフェンダー施工後
背景の映り込みが違います。
DSC_0027 ボルボ施工後


フロントフェンダー施工前
ぼけた汚れで、光が散っています。
DSC_0012 ボルボ 施工前

フロントフェンダー施工後
光が集まっています。
DSC_0024 ボルボ施工後


ルーフ施工前
ひどい状態ですね、ワックスの拭き残しのように見えます。
DSC_0020 ボルボ 施工前


ルーフ施工後
曇った跡が消えました。
DSC_0030 ボルボ施工後


ルーフ施工前
ボケッとして、艶も輝きもありません。
DSC_0021 ボルボ 施工前

ルーフ施工後
艶と輝きが戻ってきました。
DSC_0028 ボルボ施工後

良くお客様からお聞きするのが、「古くて、汚れているからコーティングしても無駄ですよね。」とか
「傷が多いから、コーティングしても綺麗にならないでしょう?」などのお言葉を伺いますが、
コーティングの基本は下地処理です、コーティングをしただけで綺麗にはなりません。
お車の状態にあわせた、下地処理でコーティングの効果をさらに高めます。


過去の【ガラスコーティングのうんちく】
【コーティング施工こぼれ話】
【洗車ブースとコーティングブース】
【コーティングショップの選び方】
【タバコ喫煙について】
【塗装の厚さについて その2】
【塗装の厚さについて その1】
【ご来店でのご相談・お問い合わせについて。】
【こんなこともあります その2】
【こんなこともあります その1】
【より良いガラスコーティングの為に!】
下地処理 施工前&施工後】
【照明設備】



リボルト東京WESTは東京西エリア(国道16号線横田基地近く)に店舗を構えております。
我々の完全硬化型リボルトプロは一般的な硬化型ガラスコーティング剤よりも
分子量を一桁以上小さくすることで、塗装への密着度を高め、耐久性を増すことが可能になりました。
また、ガラスコーティング剤から溶剤を省き濃度100%とすることで、
硬化速度の短縮・被膜膜厚の増加による艶輝きアップにもなります。
まさに次世代の技術を用いたガラスコーティング剤です。


リボルト東京ウエスト


-- ------------------------------------------
【リボルト東京WEST】  担当:瀬古
〒190-1214東京都西多摩郡瑞穂町むさし野2-54-7
TEL&FAX 042-554-0957
HP http://www.revolt-tokyo-west.com
MAIL revolt@revolt-tokyo-west.com
-- ------------------------------------------

1301618161.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。