FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーティング施工こぼれ話

【リボルト東京WEST】店長の瀬古です。


お車にコーティングをする場合中には、販売店での「サービス」のガラスコーティングや、オーナー様ご自身で施工されるガラスコーティングなどもあるかと思いますが、その一例を!

下記の写真は、以前施行させて頂いた日産FX-50Sです。購入した輸入販売店が購入後に「サービス」でガラスコーティングを施工してくれると言う事で頼んだところ、オーナー様が艶も輝きもないその仕上がりに納得がいかなくて、ご自身で[市販のガラスコーティング剤」でコーティングをしたところ、写真のように白くシミになり、洗車や拭き取りでは元にも戻らなくなり当店にご来店いただき、ご相談を受けた後にご入庫頂きました。

DSC_0160 FX-50 編集後
DSC_0162 FX-50 編集後

お話を伺ったところ、ご自身の施工の方法には特に問題はなくサービスのガラスコーティングは確かに下地処理が不十分で仕上がりが良くないようでした。
そこで塗装の状態と古いコーティングの状態をしっかりと把握し、最小限の磨きで最大限の艶と輝きを取り戻す【リボルト・アジャスト・システム】にて入念に下地処理を施工し、古いコーティング被膜とクスミとシミをスッキリと除去しコーティングに適した塗装面に仕上げました。そしてガラスコーティングに最適化された塗装面に、濃度100%・無溶剤の低分子硬化型ガラスコーティング剤【リボルト・プロ】をコーティングします。
下記の写真はコーティング後の写真です。
DSC_0176 FX-50 編集後
DSC_0180 FX-50  編集後

施工後はオーナー様に大変満足して頂きました。

ご自身でガラスコーティングを施行する場合、十分に注意して施工する必要があると思います。説明書をよく読んで、目立たない部分で試してから全体を施行したほうがよいと思います。とくに既にほかのコーティングやワックスなどが施工された車体にコーティングする場合は、施工するコーティング剤の成分が反応してしまい、上記の写真のように、くすんだ様になってしまったり、場合によってはシミなってしまう事もあるかもしれません。
綺麗にコーティングするつもりが、シミになってしまっては目も当てられません。


過去の【ガラスコーティングのうんちく】
【洗車ブースとコーティングブース】
【コーティングショップの選び方】
【タバコ喫煙について】
【ボルボ・240GLEワゴン・施工前/施工後】
【塗装の厚さについて その2】
【塗装の厚さについて その1】
【ご来店でのご相談・お問い合わせについて。】
【こんなこともあります その2】
【こんなこともあります その1】
【より良いガラスコーティングの為に!】
【下地処理 施工前&施工後】
【照明設備】



リボルト東京WESTは東京西エリア(国道16号線横田基地近く)に店舗を構えております。
我々の完全硬化型リボルトプロは一般的な硬化型ガラスコーティング剤よりも
分子量を一桁以上小さくすることで、塗装への密着度を高め、耐久性を増すことが可能になりました。
また、ガラスコーティング剤から溶剤を省き濃度100%とすることで、
硬化速度の短縮・被膜膜厚の増加による艶輝きアップにもなります。
まさに次世代の技術を用いたガラスコーティング剤です。


リボルト東京ウエスト

-- ------------------------------------------
【リボルト東京WEST】  担当:瀬古
〒190-1214東京都西多摩郡瑞穂町むさし野2-54-7
TEL&FAX 042-554-0957
HP http://www.revolt-tokyo-west.com
MAIL revolt@revolt-tokyo-west.com
-- ------------------------------------------


1301618161.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。